スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nikibiatoha.blog7.fc2.com/tb.php/1-c4328d24

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ニキビ痕(あと)の治療方法には何があるのか

10代のころに、にきびができてしまって、つい気になって触ったり、潰したりしてしまって、ニキビ痕が残ってしまった

また、20歳を過ぎたあとに出来るにきびは、そのまま放っておいてしまうと炎症も酷くなってしまったり、治りにくくなって、にきび痕が出来やすく残りやすくなってしまいます。

にきび痕になってしまう原因について

にきびの痕は、出来てしまったにきびの重症度によって決まります。

にきびは毛穴につまった皮脂を分解するときに刺激物を肌に生産されたものですが、この刺激物というのはが重度になるほど皮膚細胞を破壊ししまい、この破壊された皮膚細胞がにきび痕になるのです。

破壊された度合いが大きければ大きいほど、肌の回復力が遅くなってしまい、完治に長い時間がかかったり、完全に回復できないことになってしまうのです。

また、肌質が硬い人は角質部分が厚いことから、にきびが悪化しやすいとのみかたもあるようです。


にきびの痕は肌の真皮部分のコラーゲンが破壊されて、皮膚が陥没してしまうことが原因ですがこのを完全に治すのは難しいとされています。
また、にきび痕にもさまざまなタイプがあるので、治療もその痕によって手法が変わってきます。

にきび痕の主な治療方法は


・比較的にきび痕が浅い人には、表層部分を一定の深さで剥がす、ケミカルピーリング

にきび痕が凸凹になっている場合にには、出っ張っている部分を削るグラインダーとよばれる方法

・凸凹した部分に炭酸ガスレーザーで平らにして、その後にコラーゲンを注入する方法

などがあります。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nikibiatoha.blog7.fc2.com/tb.php/1-c4328d24

0件のトラックバック

1件のコメント

[C1] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。